MENU

買い物が好き過ぎてキャッシングしたくなります

私は本当に買い物が好きです。しかも給料があまりよくないのにどうしても欲しいものが我慢できなくてキャッシングしてでも買いたくなってしまいます。しかもかなりの見栄っ張りだと思います。

 

これまでキャッシングしたことはなかったのですが、以前どうしても欲しいものがあり、キャッシングしようか本気で悩みました。その時は中学時代の同窓会があり、どうしても新しい洋服、バッグを揃えたかったのです。地方をでて東京で働いていたので、東京のおしゃれな感じを見せつけてやりたい、という最悪な感情があったのです。

 

百貨店をブラブラ見ているうちにクロエでかなり欲しいワンピースを見つけました。そしてバッグはもちろんヴィトンです。総額で20万円近くかかってしまいます。絶対にその二つは欲しいと思いました。しかし給料の1か月分くらいするので絶対に購入はできません。本当にキャッシングするか悩みましたが、結局ワンピースだけ買って同窓会に着ていきました。ワンピースだけでもかなり厳しかったのですが、生活費をきりつめて購入しました。

 

緊急事態にキャッシングを利用しました

その日、私は給与の入った財布を落としてしまいました。

 

情けない話ですが、貯金は数百円しかなく、しかも家族や友人はおらず、この先一ヶ月ものあいだ暮らすことが不可能になりました。

 

不幸中の幸いで、免許証や保険証はカードケースに入れていましたから、キャッシングをするときに身分の証明はできました。

 

正直、キャッシングだけは利用したくなかったのですが、そういう事態ですから仕方ありません。とりあえずテレビのCMで頻繁に流れている「レイク」を利用しました。

 

限度額は40万円まで認められましたが、生活に最低限必要な15万円を借入ました。

 

おかげで翌月まで問題なく生活ができました。

 

そしてその後、半年で全額返済し、カードは持ったままでしたが、すっかり忘れていました。

 

それからまた貯金のない私に緊急事態が訪れました。身内の不幸事です。親戚一同長寿で、今まで喪服を着たことがなく、購入する必要がありました。

 

二度目のキャッシング。結果、香典代も含め、ことなきをえました。

 

結論、孤独男の緊急事態対策のために、キャッシングは必要だと思います。