MENU

天井の危機

キャッシングを利用したい、実際にしたタイミングというかトリガーは、やはりお金がないとき/必要なとき、になるだろう。

 

 

 

給料日前の飲み会、旅行、どうしても行きたいライブ、恥ずかしながら、部屋の更新の際にまとめて借り入れたことも、ある。身の丈に合わない欲求から、切羽詰ってなどなど、基本的に貧乏ゆえの金策の手段のひとつとして、キャッシングは存在している。

 

 

 

が、昨今の最大の悩みは、その手段が取れなくなったことだろう。つまり、キャッシング上限=天井状態になってしまったのだ。

 

 

 

5か月後には部屋の更新を控えている。10万円準備しなくてはならない。今の収入ではまず無理だ。ブランド物には興味がないので、売るものも特にない。

 

 

 

そろそろ、ふだんの仕事以外のアルバイトなどをする必要が生じている。今までの社会人人生のなかで一番の危機を迎えている気がする。

 

 

 

後悔することはたくさんある。ただ、キャッシング依存体質からの脱却のチャンスとして、これまでの自分を反省しながら頑張ろうとは思っている。

 

 

 

ご利用は計画的に。この言葉、大切だなー。はぁ…。苦笑

 

いつも利用したい気持ちがあるキャッシング

収入が多くないということで、普段の生活は決して楽ではありません。それでも何とか生活することはできていますが、厳しいと感じることは多いです。何も無ければギリギリ給料日まで生活可能です。しかし予期していなかったことが発生した場合に困ってしまいます。

 

 

 

例えば会社で人事異動が発生した時、歓送迎会を開催しています。その際は宿泊を伴うことがあり、宿泊費のほとんどは自分が支払うことになっています。また冠婚葬祭についても突発的な場合が多いです。

 

 

 

実際に歓送迎会や冠婚葬祭が発生した場合、本当に少ない貯金を切り崩したり、本やDVDなどを売ったりなどしてお金を作っています。ですからもう少しだけお金があればと考えることがあり、キャッシングを利用したい気持ちになります。

 

 

 

キャッシングはもちろん返済することになりますが、初回の借り入れでは30日間利息が無料といったメリットがあるため、上手に利用することができれあ、心強い存在になると思っています。